終戦は、青い青い空と入道雲の日

「こんな入道雲と青い空だったんだよな〜」

8月になると思い出す、数年前に亡くなった義父の言葉、2018年8/3のリメイク記事です。

。。。。。。。。。。。。。。

戦争が終わり、アメリカ軍の捕虜にならないよう
特攻隊員は真っ先に返された。

靴下にお米を詰め。いただいたお札をポケットにねじ込み

19歳で志願、22才で終戦を迎え
神風特攻隊員として、飛び立つ直前に終戦となり


戦友の分も長生きした父

~~先週、95才の人生を終えました~~

とても良い顔で、人生、生き切ったという綺麗な顔でした。

一緒に燃やして、
持っていってもらおうと思っていた写真の千人針と国旗と鉢巻き

最後まで、燃やすか?、保存するか?で家族会議で悩みましたが

告別式に同席していた親族の中学校の副校長先生に、
教材として使っていただくことになりました。

泣く子も黙る、千人針、!!

なかなか見る機会が無いと思うので公開してみます。

~~お爺ちゃん、公開させてください~~

~千人針~


~この鉢巻きをして飛び立つはずだったらしい~

これらを目の前にすると

時代を超えて、義父の青春時代に移行

日本の為に命を投げしていいと本当に思った
そういう若い人たちが居たのだという事実に触れ

今の私たちは

数代辿れば、奇跡を生き延びた子孫なのだなと

当たり前は当たり前でないと

謙虚に、感謝の気持ちになります。

そのような命に感謝をして

毎日を大切に過ごしたいです。

お爺ちゃん、お疲れ様でした。

Follow me!

次の記事

至福の時間