こんにちは、城田恭子(ちょうこ)です。

高校生の頃より少しずつYOGAを始め、30代の時に、現在のヨガに出会いました。

年齢が上がるほどにYOGAを続けて良かったなぁと思うことが増えています。 

自分が何がやりたいのかを模索している高校生の時に、 
3分間ヨーガというタイトルの1冊の本に出会いました。 
(一日3分でも毎日YOGAを続けることは人生の宝物となりました) 
その後、現在のゴーシュ系YOGAと出会い現在にいたります。 

人の心を湖に例えると、日々の生活では様々な情報、感情に振り回され
ザワザワと波打っている状態ですが、YOGAに集中することで、
波がおさまり、水面を静かにクリアな状態に保つことが出来るようになります。

これから数年はさらに様々な出来事があるといわれています。
ひとりひとりの心の持ち方が世の中に大きく反映するということです。
ひとりひとりの思いや行動が世の中を変えていくほど大切なことだそうです。

身のまわりの人、普段の生活を大切にして
地に足をつけて中心にいることが、とても大切な事となるそうです。
そんなお手伝いができるように
また、自分もそうであるように続けてまいります。

頭の内部をヨガするような、ライオンあくび(BSセラピー)と出会いが、

より深いリラックスにつながっています。

過去に、ヨガ全国大会 ”一般の部” にて優勝 

YOGAでの心の変化

その時理解した事

なぜイラストでスピ解説か?

ゆるゆるお話し会

BSセラピー(ベーシック&アドバンス終了) 、色彩検定1級、

好きな事::ショートケーキつくり、不思議探求、ヨガ

YOGAをしていて嬉しいこと:ワンコやネコがお腹を上に向けて休んでいるように、生徒さんが緩んでいる事が嬉しい