ズンドコぶしと藤井風

ドリフターズで有名なズンドコぶし

大大大好きな藤井風さん デビュー前のYouTubeでピアノ演奏

受ける〜ピアノが上手だわ〜

時々 楽しそうにニヤッとする

。。。

。。。

主人が戦争の時の歌なんだよと 教えてくれた

下が、もとの歌 

戦争に行く軍人さんが歌った歌

なんとも言えない気持ち😢

。。。

。。。

藤井風さん

最近、報道ステションで初のテレビ生演奏

普段は、バリバリの岡山弁で話す

ピアノを弾きながら歌い出すと

音の中で泳ぎ回って楽しそう

引き込まれる

。。。

ここに写ってないのですが

放送 最後のトークでは

緊張しながら岡山弁で話して

最後に好きなミュージシャンを聞かれて

パーフェクトな発音で

マイコ〜

周りの人???

マイコ〜ジャクソン〜(急にネイティブ発音)

で、番組途切れた

岡山弁▶︎マイコ〜▶︎ブチン

知らない人はなんだこの子はと思ったんでないかな〜

。。。

彼は耳コピで英語を覚えて

流暢な英語を話します

。。。

YouTubeの中で

なんなんてなんなん

帰ろうってなんなん

幾つか、曲を作った背景、思いを英語で語っています

。。。

上記は再生回数が少ないのですが

彼の人となり

精神世界を探求している方である事がわかります

。。。

最後の画像の中の

旅路 という曲

この日がニューリリースで

虹色カルテというドラマのエンディング

なのに

何にもその情報は無く

。。。

全ての卒業生に捧げる演奏でした♫

あ〜また ファンが増えちゃうな

。。。

3歳の時からピアノを学び、父親からいろんな音楽を聞かせてもらい、小学生の頃からYouTube発信、プロの眼に留まり、デビュー。それまで岡山から出る必要は無いと思ってた。和洋を問わないカバー曲の多さにビックリ。ピアノは🎹自由自在こなす。自然体の岡山弁で話すと思いきや、歌い出すと国籍不明のミュージッシャン、歌う事が好きでたまらい事が伝わってくる。そして英語が自然。画像のあちこちから、精神世界を探求している人、インディゴやクリスタルチュードレンのエネルギーを持って生まれてたのだろうと思わせる。コロナ禍にデビュー。パッと見が今風の歌も、ハイアーセルフとの会話だったりする。とにかく何を聞いても飽きないのはなぜだろう。

Follow me!